窓の視線対策について

大きな窓ガラスのある家は光を家の中にいっぱい取り込むことが出来ますので明るいですし、窓を開ければさわやかな風が入ってきますので快適に生活することが出来ます。しかしメリットがたくさんある一方でデメリットもいくつかありますので覚えておくべきです。例えば、家の中が丸見え・ガラスが割れるので侵入者が入ってきやすい・といったことなどです。それで、窓の視線対策をしっかりしておくことは重要といえます。

では、どのような視線対策をすることが出来るのでしょうか?いろんな方法がありますが、視線対策として透明タイプではなく凹凸のついた型板ガラスにすることですがこのガラスは、光をしっかりと家の中に取り込みつつも視線を遮ることが出来ますので、明るさはさほど変わりませんのでお勧めです。デザインが豊富ですので家の内装や外装に合わせていろんな模様を選べるというのも魅力です。似た種類として、すりガラスもありますが、不透明で乳白色ですから視線対策にもなるうえに安くで購入できるのも助かります。しかし、このタイプは、すり加工された面が水にぬれると冬目になりやすい・手あかや汚れが目立ちやすいというデメリットもありますのでその点を覚えておく必要があります。

窓の視線対策をしたいものの、賃貸住宅なので大規模な工事やリフォームなどはできないというご家庭であれば、カーテンを設置する・すだれを使用・ゴーヤを植えるといった方法もおすすめです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.