美容師の求人募集で失敗しない方法

美容室のオーナーの中には、美容師の求人募集を出して失敗をしたという経験がある方もいるはずです。

例えば、面接の時点で接客業に向かないような態度であったり、面接では印象が良かったのに働き出した途端、すぐに仕事をさぼったり、遅刻や無断欠勤が多い、店の物を勝手に持ち出すなどの問題行動が増えたというような経験です。どれだけ面接時に気を配っても、実際に働き出してもらわなければ分からない部分もありますが、多くの場合、こうした失敗の原因は求人募集の方法にあります。

美容師の求人募集で失敗しないためには、ただ給与や休日といった待遇面の情報だけではなく、美容室の方向性や求める人材のイメージなどを詳しく掲載することが重要となってきます。なぜなら職を探している美容師にとって給与や休日といったものはあって当たり前の情報であり、それ以外のプラスアルファの情報の有無によって、その美容室で働く意欲というものが変わってくるからです。

例えば、長期間働ける場所であるのか、独立を目指して勉強が出来る場所なのかといった美容室の方向性が明確であれば、同じ方向性を持った美容師が集まってくるはずです。さらに具体的にどのような人材が必要なのかをしるしておくことで、より求める人材に近い方が求人に応募してくれるはずです。現在、美容師は数多くいますので、そうした中で自分の美容室にぴったり合う人材を探すためには、求人募集の際にこうした工夫が必要なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *