美容外科でのほくろ除去施術

顔に大きなほくろやイボがあると、他人の視線が気になることが多く有ります。

そのため、美容外科には顔のほくろを除去できる治療がないか相談する方が多いです。ほくろやイボを除去する効果的な治療として、CO2レーザーを美容外科では導入しています。このCO2レーザーは、皮膚の水分に反応して熱エネルギーを発生させる施術です。その熱の力で、ほくろやイボの組織を蒸散させることができます。施術後はやけどの痕が少し残りますが、時間が経つと肌が再生されてきれいに戻ります。施術の際には、ほくろの大きさによって、少し熱さや痛みを感じるケースも有ります。

その場合には、局所麻酔を使用して施術を行ってくれます。そのため、全く痛みを我慢せずに、安心して施術を受けることができます。美容外科のCO2レーザーは確実にほくろを除去できますが、施術後にはお手入れに気をつける必要が有ります。美容外科でレーザーを照射した後は、患部の皮膚は軽い火傷のような状態になっています。

外部からの刺激に弱い状態ですので、必ず外出時にはUVケアをしっかり行う事が大事です。施術後に患部が日焼けしてしまうと、シミになりやすくなります。その他にも、肌はとても乾燥しやすい状態にあります。したがって、肌が再生されるまでは、毎日の手入れで保湿効果の高い化粧水、クリームでケアすることが大事です。きちんと丁寧にケアを行わないと、乾燥で顔にシワができやすくなります。
大阪の美容学校のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *