顔のたるみにマッサージ

顔のたるみは老廃物や脂肪が溜まることによって引き起こされるため、リンパの流れを良くすることがポイントです。

リンパ腺には老廃物や脂肪を運ぶという働きがあるのですが、リンパの流れが滞ることで老廃物が溜まったままになってしまいます。それによってたるみやむきみなどの原因になってしまうということです。

また、血液の流れが滞ると栄養や酸素が運ばれにくくなりますし、脂肪を蓄積させる原因にもなってしまうため、マッサージでリンパと血液の流れを良くすることが大切です。

まずはクレンジングしながらマッサージを行うと良いのですが、クレンジング剤を普段より多めに手に取り、手のひらで温めてから顔全体と首に伸ばすようにしましょう。

次に中指と薬指の腹で顔の下から上、中から外へ優しくメイクを落としながらマッサージを行っていきます。

マッサージは力を入れればメイクが落ちるというわけではありませんし、人差し指を使わずに優しくケアするようにしましょう。

力を入れすぎてもたるみの原因になってしまうので注意が必要です。それぞれのパーツを5秒ずつ行うのが良く、首のリンパも同じように優しくマッサージをしていきましょう。

首の場合は下から上へケアしていくことになりますが、左右10秒ずつ行ったらぬるま湯で洗い流していきます。ちなみに、首のリンパは耳から1つ後ろ分の位置にあり、真横よりも少し後ろの方にあります。

そのため反対側の手だと触りやすいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *